About Company

アーツアンドクラフツという会社

代表取締役 宮崎 晋之介

なにを大切にしている会社ですか?

アーツアンドクラフツはものづくりの会社です。

2010年に、それまの広告の仕事を辞めた私は仲間と一緒に「ものづくりを応援」したいというおもいだけで、ジュエリー業界に飛び込みました。多くの素晴らしい作家や職人との出会いから、現在、私たちは商品企画から製造、販売、集客、そして教育や作家支援まで、ジュエリーに関するあらゆることを行う会社となりました。

私たちのコアバリューは、「ものづくりへの敬意」です。ものづくりを中心にした社内の環境、社会とのつながりを大切にしています。

いまの時代、ものづくりは単に何かをつくって終わり、というだけでは済まされなくなっています。お客様は、単なる商品を求めているのではなく、商品を含めたより高次なサービスを望んでいます。私たちの主力事業であるithは、単にリングを販売するということだけではなく、お客様と一緒にリングをつくっていくという共創体験を提供することを大切にしています。

お客様と直接接点のないスタッフ、職人のように実際にものづくりを行う立場でないスタッフも含め、当社の全員がお客様へ提供する共創という価値に参画すること。それが、私たちの日々の仕事です。

アトリエのつくり手たち、生産管理や検品のスタッフ、職人、広報やシステム担当など、全ての人が、ひとつのものづくりの一部を担っているという意識。それがあるからこそ、みんなが目の前のひとつひとつの仕事から、社会とのつながりを感じることが出来るのだと思います。

会社の雰囲気は?

個人に対して仕事以外の価値観を押し付けるような文化はありません。そういう意味では、比較的、自由であると思います。その根底には、それぞれの個人が自分の役割を理解し必要な技術を研鑽してくださいというメッセージが隠されています。自己研鑽ですね。

それは、結局ものづくりの会社という特性なのかもしれません。ひとりひとりによるひとつひとつの工程へのこだわりがなければ、ひとつのものづくりは成り立ちません。押し付けられるのではなく自らが意識しなければ、こだわりは生まれません。

ものづくりという大きな理想があり、強い個人が集まった、自由な環境。そんな会社が理想ですね。